食品表示パターン・アドバイザー®【公式】

✐「食品表示」は賞味期限だけじゃなんです!食品に関する重要な情報元であり、食品表示法をはじめとするさまざまな管轄のルールがあります♪元パティシエの食品表示パターン・アドバイザーがベストな食品表示パターンを提案します。保有資格★製菓衛生師★中級食品表示診断士 製菓製パンの食品表示作成が専門🍰🍞です(*^^*)

『この食品はゲノム編集食品を含みます』?!2019年夏にも流通開始する『ゲノム編集食品』表示義務化を政府が検討開始。

こんにちわ食品表示パターン·アドバイザー®です。人生に欠かせない食生活。体を作るのは摂取した食品から成されていることからも、美味しく、かつ安全な食品選びには気を使っている!という方も多いのではないでしょうか??

そんな中👂飛び込んできたニュース

ゲノム編集』食品に対する

表示の義務を政府が検討していることが23日、分かった。

https://www.sankei.com/life/news/190323/lif1903230027-n1.html

 との事。ゲノム編集って、、なに??!!!新元号より気になる!!この近未来的響きに驚きました!最近ではゲノム編集技術で中国で双子の赤ちゃんが生まれたとかなんとかで、、食品の未来はどうなるんだろうか??という事を少し、想像してみました!

 

ゲノム編集とは?

ざっくりと

生物の遺伝子を狙い通りに効率よく改変できる技術

🍅例)より栄養価の高いトマトになったり  

ゲノム編集食品=あくまで遺伝子の切り取り(と素人は理解しました)

ゲノム編集食品についての今後の流れ

ゲノム編集食品については、厚生労働省の専門家会議が18日に報告書をまとめ、開発者らは厚生労働省の調査会に情報を届け出るだけで販売できるようにした。厚生労働省に報告する内容は、食品の品目・品種名、ゲノム改変などだが、食品への直接表示については「管轄外」として報告書に記載されなかった。

もう一つ混合して考えがちな

遺伝子組み換えとは?

『遺伝子組み換え』はゲノム編集の一環。

他の食物の遺伝子を移植する(ようなイメージ)の様です。

『遺伝子組み換え食品』については

平成13年からその旨の表示を義務化されています。

対象は大豆、トウモロコシ、ジャガイモなど8種類の農産物。

これらを原材料とした加工食品に限定されています 

 

ゲノム編集食品と遺伝子組み換え食品は

素人の脳みそで((遺伝子技術を施した食品という事の認識))はまず確認できました。

ゲノム編集食品は今夏にも解禁され、市場に流通する見込み。消費者へ適切な情報を提供し、懸念を払拭する狙いがある。ゲノム編集食品については、厚生労働省の専門家会議が18日に報告書をまとめ、開発者らは同省の調査会に情報を届け出るだけで販売できるようにした。調査会に報告する内容は、食品の品目・品種名、ゲノム改変などだが、食品への直接表示については「管轄外」として報告書に記載されなかった。

ただお国もまだまだ混乱しているようで、ゲノム編集食品についてはまだまだ動向がありそうなのでニュースや情報収集に努めて意識の高い消費者になりましょう!!

 

遺伝子に対して

『不要な部分を切っただけ』→ゲノム編集食品⇒届出はしてね。

『置き換えた』→遺伝子組み換え⇒食品表示に表示義務(指定品は)

専門家も検討中ということで何とも言えませんが、ちょっと熱量の違いを感じますが、それはもう専門家の皆様にお任せしましょう。。

食品の未来を想像してみる。。

f:id:miyakonbuta:20190323201111p:plain

私の想像ですが、、来る2●●●年。地球の温暖化などで食品は高級品化してゆくと思っています、生鮮食品農産物 半年や年単位時間を掛けて育った食物は貴重な扱いになるでしょう。。今でこそ((おもしろがる余裕もあって))ミドリムシや昆虫食などもフィーチャーされていますが。。そういった食物高級化の中でゲノム編集技術で*1メリットが付与できる技術の進歩には注目、個人的には共存していくしかない部分もあると私見します。もちろん!安全性も同時に検証してゆく必要がありますが!

2019年夏頃にはゲノム編集食品が流通する予定という事で、その食品表示ルールにも注目です

以上 食品表示パターン·アドバイザー®でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな記事もかいてます☺↓宜しくお願い申し上げます。
www.shokuhyo.jp

*1:育成期間が短いや、大きく育つなどなど

プライバシーポリシー・免責事項についてお問い合わせフォーム

Copyright © 2018 食品表示パターン·アドバイザー All Rights Reserved.